ABOUT
ENTRY
COMMENT
TRACKBACK
ARCHIVE
BOOKMARK
FAVORITE
OTHERS

SHOGENISM

<< Resistance | main | Finally >>
Disce gaudere
MilanでのShowの後『The Cover magazine』の撮影のためIstanbulへ移動。以前から興味があったトルコでの仕事に出発前から胸を踊らせていた。トプカプ宮殿やスルタンアフメットモスクなどの歴史的建造物や失われた時代の気配を未だ漂わす街中での撮影はとても素晴らしいものだった。ただ東京のファッションに身を包んだ髭面の東洋人には常に奇異の目が注がれてはいたが・・・。



普段旅をする際にはいくつか本を持って行くことにしている。今回はBIGBLACKMARIAの青山さんが餞別代わりにくれた梨木香歩さんの『村田エフェンディ滞土録』という本をバックパックに忍ばせてきた。

およそ百年前のトルコ。日本からの留学生村田くんは英国人ディクソン夫人の屋敷で、ドイツとギリシアからの下宿人、トルコ人の世話係と一匹の鸚鵡(オウム)との共同生活を始める。価値観や宗教観の違いから時に衝突しながらもお互いを尊重し合う、素敵な仲間との心の触れ合い。その愛おしさと笑いに満ちた平和な時間も戦争によって失われてゆく・・・。

本というのは人と同じく巡り合わせだ。運命的な出逢いがある。
トルコという国に在りながら、この物語の世界に足を踏み入れ、そこの住人たちと一喜一憂共にできたことは、今回の旅により深みを与えてくれた。




コロッセオの天辺に腰を下ろし
はるか昔の、だが今と変わらぬ人々の営みを想う

そしてディミトリスの言葉が頭から離れなかった

「私は人間だ、およそ人間に関わることで私に無縁なことは一つもない・・・」

| - | 22:43 | comments(16) | trackbacks(0) |
「どんな出来事も
きっと今の自分にふさわしい出来事である」

私自身、その言葉に何度も助けられました。

悲しみも喜びも全てにおいて、たとえどんなに辛くても
それは自分を創ってくれるスパイスだと思います。

これからもきっと、色んな事を感じながら
歳をとっていきますが、ナチュラルに生きることを忘れず、自分らしく生きて行けたら幸いです。

尚玄さんの言葉は何度読み返しても、素敵ですね。
いつも助けられています★ありがとうございます。
| LUCY | 2008/02/14 2:54 PM |
早速 The COVER 購入しましたよ!
(沖縄は1日遅れの発売でした 笑)

「トルコ」は昔から私も興味がある場所で、
その上、shogenさんがモデルで
即買い(^^)v

shogenさんは服装や環境までも
着こなせる、着られていない感がして
とても不思議。
良い意味で色々な人種に見えますね。

私も旅に出ると、そこの土地の建造物が
好きで、石や木などから歴史を肌で感じるのが
落ち着きます。今回の写真みたいにただただ
ボーっと佇んで。

「人類みな共通」
・・・なはずなのに。
争いの無い世の中になって欲しいですね。
| SAE | 2008/02/15 10:22 PM |
私も本を読むのが好きなので、明日本屋さんで探してみようと思います。
以前に、尚玄さんが紹介していた本も読んでみましたよ♪

本は本当に巡り合せだと思います。新しい発見のような感覚も感じたりとか・・・。
またオススメの本があったら紹介して下さい。

雑誌も買いま〜す(笑)
| ラン | 2008/02/16 1:36 AM |
昨夜某クラブでお話して熱い握手をしたZAWAです!!!
早速COVERの特集見ましたよ!
今後はモデル業だけでなく俳優業もチェックしますね!
また洋服や演技やダンスの話をしましょう!
ではまた。
| ZAWA | 2008/02/18 12:09 AM |
凄く写真綺麗です。
| risa | 2008/02/18 1:49 AM |
お久しぶりです★
私も本屋に行って探してみようかと思います。
私は明日、昇進試験で髪の毛を黒く染めなくてはいけないんです・・・。
今の髪型で黒くしたら「にしおかすみこ」そのもので・・・・。
尚玄さんは黒髪が似合うから羨ましいです!!
| RIE | 2008/02/18 6:57 PM |
こんにちは。前回のお返事ありがとうございます。

今月号のThe COVER読みました。トルコでの尚玄さん素敵ですね。
私は、まだ海外に行った事がないので、一度でいいから日本とは違う世界を見てみたいです。
| 四季 | 2008/02/21 5:18 PM |
巡り合わせや出逢いがあるように、別れがあることを最近物凄く感じます…。
気の合う友人たちと卒業旅行に行く予定ですが尚玄さんにとって特別な旅はありましたか??
| misako | 2008/02/24 1:37 AM |
この間は部室での密会楽しませてもらったよ
ありがとう


>ただ東京のファッションに身を包んだ髭面の東洋人には常に奇異の目が注がれてはいたが・・・。

ショウゲンだから出来る、出せる空気感
異様だけど自然
カッコイイよ
ま、なかなか真似出来ないけどな(笑)

陰ながら応援しています
また密会しませう
部室仲間の皆様にもよろしゅう
| Shage. | 2008/02/24 11:34 PM |
黒海近くは人類史発祥の地と聞きます。

以前トプカプ宮殿の至宝展へ行ったことがあります。
トルコ、イスタンブールがあのように華やいだ歴史で
あったことをはじめて知りました。
最も惹かれたものは宝石でしたが☆
トルコには美しい女性が多かったのではないですか?
興味深い国ですね。

季節の変り目です、お体に気をつけてがんばってください。
| Maya | 2008/03/04 10:19 AM |
初コメントしまぁす(^o^)
やッと更新発見したのでカキコしてみまんたぁ(^^)

尚玄君を知ッたのゎ倖田來未のpvだッたのですが、ぁれから一目惚れしてまつ(*^^*)

大分前にヘアカタに載ッてたので切り抜きしてみまンたぁ(^-^)v

他のコメントの方みたぃにちゃんとした言葉を使ぅと空回りしちゃぃそぅなので普通にコメントしちゃぃまぁす(~_~;)

私は男らしくてsexyな尚玄君がホント理想的で筋肉とかホントヤバイでつ(*^^*)すち

私はフランス・ヨーロッパ行ッた事ぁるんですが、仕事で海外行く事多ぃ尚玄君は、今まで行ッて街並みだッたり風景が一番綺麗で印象的だッた所ぁりまちたかぁ?!

| 美絵 | 2008/03/11 8:14 PM |
今日夢に尚玄君が出てきましたぁ!(^_^)

おともらちになって遊んでたのです。

「これが現実ならなぁ」思っちゃぃましたぁ(^_^;)

他の方が言ってましたケドォ、ホントイメージと違うコメントで意外性がまた魅力で(*^^*)

尚玄君に会ってぉ話してみたぃですね♪


| mie | 2008/03/13 10:19 PM |
尚玄さんの書く文章って本当に素敵です。読んでると一緒にその場に居るような臨場感を感じます、言葉って本当に難しい物ですね。私は看護士をしているのですが、常に患者との言葉の駆け引きをしています。相手の気持ちに向き合い、誠意を持ちながら伝えたつもりでも未熟な言葉の表現さゆえになかなか伝わらない事も沢山あります。もっと色んな人と出会い。感じて。人間の心の根底にある何かを追求していきたいと思います。ディミトリスの「私は人間だ、およそ人間に関わることで私に無縁なことは何一つ無い。。」の言葉に深い共感を覚えます。。。尚玄さんの小説みたいなブログの世界、もう一度読み返してお休みします。忙しいと思いますがくれぐれも体に気を付けて、穏やかなで充実した一日を過ごせます様に応援してます。
| tommy | 2008/04/20 1:44 AM |
旅に出ると自分と向き合うことが多いですね。
いろいろなものに触れたり、知らない人と出会うということは
つきなみですが自分を見つめなおすことに他ならない気がします。

本はよい道連れかもしれません。
アレクサンドル・ジャルダンの「僕の小さな野蛮人」。
お勧めですよ。
| hug | 2008/04/21 9:25 PM |
はじめまして。
神聖な場所に行くと、いつの間にかその場所の空気に
自分が溶けていくような不思議な感覚に包まれますよね。
イスタンブール、いつか行ってみたいです。
尚玄さんの写真や言葉にとても癒されます。
ありがとうございます。
| ige | 2008/05/13 2:37 PM |
>LUCYさん
今 辛く思える出来事も、明日笑えるための試練。
そう信じることで救われることがたくさんありますよね。

「どんな出来事も きっと今の自分にふさわしい出来事である」

いつまでもそういう風に生きていけたら、きっと毎日が幸せに包まれていることでしょうね。

>SAEさん
今回は普通のファッション撮影というよりもドキュメンタリーに近く、僕がそこに自由に在ることをSTAFFのみんなが尊重しながら撮影を進めてくれたので、自然に風景に溶け込むことができたのだと思います。
とても貴重で楽しい撮影になりました。

>ランさん
今年の4月に『カフーを待ちわびて』という映画に出演させてもらいました。原田マハさんの同名小説が原作で、沖縄を舞台にしたラブストーリーです。映画とは少し違う部分もありますが、夕方の海風のようなやさしい物語なのでよかったら読んでみて下さい。

>ZAWAくん
どうも!あの渋谷のクラブですよね。もちろん憶えていますよ。
この間はゆっくり話せなかったのでまた今度。
ダンスもぜひ披露して下さいね。

>risaさん
ありがとうございます。
表紙になるとは聞かされていなかったので驚きました(笑)。

>RIEさん
昇進試験どうだったでしょうか? 黒髪にした甲斐はありましたか?
僕は髪をバッサリ切ったので、大分すっきりしました。

>四季さん
海外もいいですが、日本も多種多様で素晴らしいところがたくさんありますよ。
僕は今年は四国を旅したいと計画中です。

>misakoさん
旅にはどれもそれぞれの特別な思いがありますが、僕が友人と行った旅で特に思い出に残っているのは、役者仲間の丸山智己とマレーシア・タイ・ミャンマーを回った旅でした。ここでは簡単に書けないようなたくさんのことがあって、お互いの親交をさらに深められたと僕は思っています。
そういう旅になるといいですね。

>Shageさん
部室での密会お疲れさまでした(笑)。
6月19日は仲間が総動員でお祝いするのでShageさんもぜひご参加ください!

>Mayaさん
今回はトプカプ宮殿へは撮影で行っただけで、残念ながらゆっくり見て回る時間がありませんでした・・・。
長い歴史の中で文化も人種も入り混じったとても興味深い国だったので、今度は暖かい時期に改めてトルコを訪れてみたいと思います。

>美絵さん
そうですね。ヨーロッパの整然とした街並もすごくいいなとは思うのですが、トルコやインドのようなエキゾチックで雑多な感じは歩いているだけでゾクゾクして好きです。歩くならやっぱり水辺がいいですね。

>tommyさん
諸刃の剣である言葉って本当に難しいですよね。もしかしたら僕も気付かないうちに誰かを傷つけていたり怒らせてしまっていることがあるかもしれません。できることならばその言葉で、人に喜びを与えるように生きたいと常々思っていますが。

看護士は本当に大変な仕事だと思いますが頑張って下さいね。

>hugさん
「外界への旅は同時に内なる旅である・・・」

『僕の小さな野蛮人』解説を読んでみたら面白そうですね。
すでにいくつかの本が順番待ちをしていますが、ぜひ読んでみます。

>Igeさん
イスタンブールは想像以上に発展していて驚いたのですが、それでもモスクに集まる信心深い人々の営みが垣間見ることができて、本当に素晴らしかったです。カッパドキア、パムッカレもすごく素敵なのでぜひ一度行ってみて下さい。
| shogen | 2008/06/14 3:43 AM |









        http://shogenism.jugem.jp/trackback/27