ABOUT
ENTRY
COMMENT
TRACKBACK
ARCHIVE
BOOKMARK
FAVORITE
OTHERS

SHOGENISM

<< ぶらぶら | main | 職人 >>
inspire
今月発売の『smart MAX 1月号』の中で「インスパイアされる本ベスト10」ということで10冊本を選びそれぞれ紹介文も書いたのですが、企画自体の変更で本の名前だけしか出ないことになってしまいました。半日かけて書いたのに、ショック・・・。せっかくなのでここで紹介することにしました。
何かいい本ないかなと思った時の参考になってくれたらいいなと思います。

1.『深い河』遠藤周作
過去をひきずった登場人物たちがそれぞれの想いを抱きガンジス川に向かう物語。その内の一人、神学者でありながらキリスト教的二元論に矛盾を感じインドに流れ着いた大津の葛藤は、同じクリスチャンであった作者のそれそのものだったのではないかと思う。
ガンジーの言葉の引用部分は僕の頭の中にあった宗教観をまさに的確に表現した言葉で衝撃を受けた。宗教戦争が激化する現代、他を認められる寛容さ、普遍的な愛について考えさせられる作品です。

2.『アルケミスト』Paulo Coelho
羊飼いのサンチャゴが宝探しの旅を通して人生の知恵を学んで行く物語。初めは子供向けの童話だと思って読んでいたのですが、深い言葉がたくさん詰まっています。
「何かを強く望めば宇宙のすべてが協力して実現するように助けてくれる」
何度読んでも新たな発見に出会えます。

3.『ダライ・ラマ自伝』Dalai Lama
チベットの最高指導者、第14世ダライラマの半生を綴った自伝。中国のチベット侵攻・インドへの亡命。隣国で起こっている悲惨な現状を僕らは知らなくてはならない。それでも前向きに平和を説く彼の素晴らしさが解る一冊。

4.『さとりをひらくと人生はシンプルになる』Eckhart Tolle
悟りを開くとは? 今を生きるとは?
思考は本当の声ではない。心の声に耳を澄ませて・・・。
考え過ぎで悩んでいる人にお勧めの本です。

5.『Bjork』
僕の尊敬するアーティストBjorkのフォトやコラム等が載ったアートブック。彼女の音楽・ビジュアルは実験的で独創的。オリジナルであるということ、アートを発信していくというモチベーションをいつも高めてくれます。

6.『勇魚』CW・Nicole
紀州太地村の鯨取り甚助は筆頭刃刺しの夢と共に鮫に片腕を奪われてしまう。失意のどん底にいた彼だったが武士松平定頼の命を受け、鎖国の日本を脱出し、新しい夢と野望と抱き世界に旅立つ。幕末時代、国のために信義を貫いた男たちが魅力的に描かれています。

7.『深夜特急』沢木耕太郎
言わずと知れたバックパッカーのバイブル的作品。僕も小学校の時にこの本を読んで、まだ見ぬ世界に色々と空想を膨らませていました(笑)。
いつか自分も旅の文章と写真を形にできたらいいなと思っています。

8.『ツリーハウスで遊ぶ』Paula・Henderson / Adam・Mornement
「自然」ということ。「自然と共存する」ことについて考えさせてくれます。男なら誰しも一度はツリーハウスに憧れたんじゃないでしょうか。堅苦しいこと抜きにして純粋に楽しめます。

9.『パパラギーはじめて文明を見た南海の酋長ツイアビの演説集』Tuiavii
西サモアの酋長ツイアビによる文明批評。富や時間にとらわれて人生の喜びを見失ったパパラギ(白人)の様を風刺の効いた言葉で批判する。現実的に考えて我々現代人が彼らのような生活に戻るのは不可能だけれど、そこには私たちが忘れてしまった大切なものを感じずにはいられない。

10.『ムーンパレス』Paul・Auster
僕の好きな映画『Smoke』の原作者が書いた本の中でも一番のおすすめ。偶然の積み重ねによる巡り合わせが感動的なドラマを生む。彼の作品は結構映画化されているので、これもぜひ映画化して欲しいです。

| - | 00:50 | comments(12) | trackbacks(0) |
お、いいねぇ。
この頃活字に飢えてるから日本に戻ったら探してみるよ。
| 台湾人 | 2006/12/14 12:28 PM |
『さとりをひらくと人生はシンプルになる』
読んでみます。
最近考えすぎて悩む事がよくあります。。。
気がつくとじっと思い悩んでる自分がいて、同じ場所で
足踏みをしています。

さとりとは何かすら漠然としててよくわかってないのですが、私でもひらけるのでしょうか?
とても興味があるので読んでみます☆

私は今「躾」という本を読んでいます。
身が美しいと書いて「しつけ」と読む事を恥ずかしながら
この本を通じて知りました。
なるほど。。。と感じる事がたくさん書いてあります。
躾のある女性になりたいものです。
女性にお勧めですが、尚玄さんもご興味お持ちいただけたらぜひ!

本格的に寒くなりましたが温かくして風邪には気をつけてください。


| settia | 2006/12/15 1:00 AM |
この頃、マンガばかりで活字に触れてません・・・・
活字が少し苦手なのもありますが、この中で活字に不慣れな私でも読みやすいものはありますか?
| つかさ | 2006/12/27 9:45 PM |
あけましておめでとうございます☆
2007年も尚玄さんにとって素敵な年になりますように。。。
| settia | 2007/01/02 8:32 PM |
>settiaさん
あけましておめでとうございます。
『さとりをひらくと人生はシンプルになる』読んでみてもらえたでしょうか? この本でいう「悟り」とは、思考を捨てること。頭が起こす雑音を消し去り、心の声を聴くこと。今を生きることなのです。
人間は過去や常識、体裁などに捕われて、自分の可能性を狭めてしまうものです。昨年は僕も、自分自身の思考に悩まされることが何度かあり、その時にこの本を読み返し、今に生きることを思い出せました。
もしsettiaさんが考え過ぎで悩んでいるようでしたらお勧めですよ。

>つかささん
『アルケミスト』なんてどうでしょうか?
シンプルな言葉で語られているため、分かり易いですがとても深く、自分が成長する度にその深さが心に染み込んでくるような作品です。
少しずつでもいいのでぜひ読んでみてください。

| shogen | 2007/01/06 1:53 AM |
尚玄さん、早速買ってきちゃいました^^v『アルケミスト』学生の私にはお金の余裕がないので、文庫本で(笑)
今、サンチャゴがアフリカに行く前まで読みました。
この本に書かれてある事が、よくわかります。特に老人の話は「あ〜、そうだね。」って思えることがたくさんありました。
尚玄さんもピックアップした、「何かを強く望めば宇宙のすべてが協力して実現するように助けてくれる」この文の前に書かれてある、「『大いなる魂』は人々の幸せによってはぐくまれる。そして、不幸、羨望、嫉妬によってもはぐくまれる。すべてのものは一つなんだ。」ここの文にもハッと感じるものがありました。
尚玄さんこの本を紹介していただきありがとうございます。^^
| つかさ | 2007/01/09 2:41 AM |
>つかささん
いやいや文庫本で全然いいんですよ。僕も大体そうです。
小さくて持ち運びやすいですし(笑)。
活字が苦手とおっしゃっていたのに気に入ってもらえたようで嬉しいです。

説明にも書いた通り何度読んでも新しい発見に出会える本ですので重宝してあげてくださいね。
| shogen | 2007/01/23 9:49 PM |
おひさしぶりです。ご旅行は満喫されましたか?。
この写真もとっても素敵。
写真って、その人がどんな世界に心を打たれているのか、
そのひとの心の1ページを覗いているようで、不思議な気分がします。
素敵な写真達を撮られますね!
きっと、shogenさんは暖かい心のお皿を持っているんですね。
また、写真を楽しみにしております。
本を紹介されたりすると、そのひとの世界観を知れて、嬉しくなりますよね。
C.W.ニコルさんのケルトの民の世界観が
今、おもしろそうだなぁと思っている所なので、
おすすめの一冊を読んでみようと思いました。
| jun.i | 2007/03/19 8:16 PM |
すごく素敵な写真ですね!!! どこで撮られた写真ですか?


私もダライ・ラマ読みました。

平和に過ごしていたらある日突然悲惨なことに....

ダライ・ラマがチベットに戻れる日が早く来るといいなぁ。。。。と願ってます。

チベットはどこか1番魅かれる国で、私もダライ・ラマがいるチベットにいつか行けたらなぁ と思います。
| | 2007/11/30 2:01 PM |
> さん
これは『ハブと拳骨』のロケでタイにいた時に撮った写真です。

チベットでの惨劇を目の当たりにしながら、社会が何もできない現状には憤りを感じます。それでも非暴力で戦い続けるダライラマの言葉は胸を打ちますよね・・・。
インドに行った時にダライラマに会いに行きたかったのですが、日程の都合で断念しました。次回はぜひ彼を訪ねてみたいなと思っています。

| shogen | 2007/12/12 5:15 PM |
お返事ありがとうございました!

名前消えてましたね。。。失礼しました。。。

何度見てもすごくキレイな写真ですねぇ

写真もキレイだけど、実際はもっと壮大で幻想的で...

言葉では言い表せない瞬間だったんだろうなぁと思います。


インドはまだ行ったことがないので、自分の中では勝手に神秘的なイメージを膨らませています。

きっとダライ・ラマに会える日も運命で決められているような。。。そんな気がします。。。

会える日が早く来るといいですね!

私もダライ・ラマに導かれる日が早く来るといいなぁ




| :愛: | 2007/12/13 9:55 AM |
先日はコメント承認ありがとうございましたp(^-^)q
アルケミスト読みました!読み進める中で確信が深まり心に染み込む素晴らしい本でした。
出逢えた事に感謝します。実は尚玄さんのブログでこの本に出逢う少し前に、アルケミストの和訳の山川さんの本が読みたいな〜と思っていたところ、アルケミストに出逢い実は和訳が山川さんだったと知った時には感激しました。どんな道を通っても、必要な道には必ず導かれるのだな〜と実感しました(^-^)沖縄のすーじぐわぁを歩きたくなりました!いつも自分本位のコメントですみません!!ではお体に気をつけてお仕事頑張って下さい!!
| ズミ | 2009/11/29 9:02 PM |









        http://shogenism.jugem.jp/trackback/15